2011-04-24 23:22 | カテゴリ:イベントレポート
どうも、ひさです。

今日は絵本「バラクランジャンのうた」の原画展示+紙芝居+ドゥニドゥニライブでした。

ライブ会場のミドリカフェは何しろカレーがおいしい!
ゆーっくりできる素敵なお店でした。
閑静な住宅街にあるので、場所がちょっと分かりにくいけど、是非行ってのんびりしてみてください。


住宅街やから、今回は静かにやろう!と事前に行ってたにもかかわらず、やっぱり大騒ぎ。
ドゥニドゥニがやると、やっぱりこんな感じです。

でも、来てくれたお客さん、子供たちも一緒になって踊って歌ってくれました。
どこでやってもドゥニドゥニというグループは愛されてるなぁと感じます。


「バラクランジャンのうた」はバラクランジャンという鳥にお祈りをすると子供が授かるという
言い伝えを元した絵本で、話の中で子供が生まれ、命名式が開かれます。


今回のライブでは、僕がこの命名式をギニアで見た形で再現しました。
ラフェというリズムで始まり、デンナボーというリズムに変わっていきます。
(デンは子供、ボーは出る=子供が出る=子供が生まれる、という意味のリズムです)

そのあと、コラでしっとりし、最後はソコというリズムで盛り上がりました。
みんな汗だくで踊ってくれて、ライブが終わったらお店の湿度がすごいことになってました。
窓びしょびしょ。


途中で以前ユニセフのライブで出会った甲南女子大学のチアリーダー部の女の子たちが
たまたま通りかかり、一緒に盛り上がってくれました。たまたま通りかかるなんて、すごい再会です。
あの子らどうしてるかな、と想っていると出会うものですね。
またどこかで出会うかな。


絵本の紙芝居?読み語り?もコラや太鼓でBGMを創りながらやりました。
子供たちも真剣に聞いていました。

ライブ、紙芝居が終わったら、最後はなんかお客さんと前からの友達やったかのように
わいわいしました。
こんなときアフリカンのライブは人の心をつなげていくなぁと感じます。
そんなライブができたことをうれしくなりました。


ミドリカフェのオーナーさん、絵本を書いてるなっちゃん。

呼んでくれてありがとう。


アイニケ、アイニケ、アイニケ。
コバリカ、コバリカ、コバリカ。
スポンサーサイト
2011-04-21 21:39 | カテゴリ:ライブのお知らせ
はい、ライブのお知らせです。


いつも急ですが、今週末です。

4月24日(日) 「いのちのうた-バラクランジャンのうた」個展&アフリカンライブ
(1drink 込1500えん 小学生以下無料)


バラクランジャン


「いのちのおくりものーバラクランジャンのうた」は西アフリカのギニアのお話を絵本にしたものです。

ギニアでは日本と同じように赤ちゃんはコウノトリがつれてくる、と信じられています。
地球の裏側でも同じようなこと考えてるんやな、てうれしくなります。

素敵な絵でつづられた素敵なお話です。
作者のこんどうなつみさんのブログもあります。

http://nutsmix.blogspot.com/p/blog-page_1337.html


絵本の切り絵は手漉き和紙を 草木の色で染めて描いてあります。
ぜひ、本物の原画を見てほしいなと思います。


よろしくお願いしまーす。
2011-04-14 23:22 | カテゴリ:イベントレポート
どうも。

ひさです。

いやー、ドゥニ花見良かったです。
総勢23名。なんか面白い面子が集まった。


というか、花咲いてなくて太鼓の会やったけどね。
再度公園は今週末くらいが良い感じじゃないかな?

まこっちいわく、「みんなが花みたいなものやからええやん」。
そやね、みんないくつになってもわくわく、きらきらしてるもんね。
でも一輪だけは咲いてたよ。

一輪の桜


なんかみんなで輪になっておにぎりつまんでる絵が幸せすぎました。

花より団子


おなかが膨れたら、みんな好きなように過ごす。
男どもは太鼓を叩く、女どもはおしゃべりしたり、たまに踊ったり、ストレッチしたり。
なんかせーので好き勝手にやるこの感じが気持ち良い。

やっぱり太鼓


暗くなって少し肌寒くなっても、なんかこの空気が終わってしまうのがもったいなかった。
こういう空気でみんなで過ごせるのはほんまに幸せなことやなと思います。

いい笑顔



桧垣さん、ヒロ、おっくん、容くん、ムネくん、まこちゃん、みきちゃん、ゆりちゃん、りーぬ、
ちえちゃん、あっこちゃん、よっちゃん、かおりちゃん、ゆうきちゃん、ナリくん、まこっち、
おれ、ちひろ、アンファン、ゆきちゃん、なおみ、ムネくんの友達2人


ありがとう。
またやろう!!